フランスで主流に。環境に優しい植物由来のパッケージ

フランスでは、2021年1月1日以降、法律により、各企業は製品の包装に使い捨てプラスチックを使用しないように求められています。プラスチック材料だけでなく再生プラスチックも禁止です。この改革の目的は、企業も客も、石油に由来する多くの生態系(土壌や海洋など)を汚する非生分解性物質を使わないことです。最終的には、これから20年以内にプラスチックの使用を停止することが目標だそうです。このプロジェクトが成功すれば、フランス経済は二酸化炭素排出量と石油への依存度が相まって減少するとされているのです

 最近のフランスの企業は環境に優しい製品を使うことをアピールし、企業イメージを向上されるチャンスに利用しています。確かに、使い捨てプラスチックの禁止のおかげで、食品の売り手は考えを変え、より環境に優しい容器を使ったり、より持続可能でエコなパッケージを使って消費者を獲得しています。


では、プラスティックの代わりに、フランスでは今、どんなパッケージが使われているでしょうか。

ほとんどがバイオソースのものとなっているのです。
バイオソース材料というのは、100%植物の原料を加工して作ったカトラリー、お皿、カップ、箱、蓋、袋などです。もちろん、マルシェ袋はすべて植物を原料にしてできています。
-原料として使われる椰子の木は、その視覚的な美しさが料理に異国情緒と風景の変化のタッチを与えます。
-東南アジアで伝統的に使用されている竹、バンブー(特に箸や蒸しバスケットを作るため)は、最近ヨーロッパでますます人気が出て来ました。
-サトウキビのバガスは、丈夫で調和が取れており、手触りが心地よい素材です。

正当化された価格差
バイオベースの材料で作られた製品の中には、使い捨てのプラスチック製品よりも購入するのに費用がかかるものがあります。これらの材料の抽出と収穫は時間と費用がかかりますし、製造過程でたくさんの管理なのために多額の投資が必要です。ただ、今はまだプラスティックに比べて少ないので、費用も高くつきますが、だんだんこうした材料を使用する企業が増えて競争力も増してくると、価格も下がっていくでしょう。

いずれにしても、これからこうした環境に優しいパッケージが主流となっていきます。見た目も美しく、また触った感触も、飲食中の快適さもプラスティックよりずっと良いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X